◆前回2018年 多くの出展社が多数の引き合い獲得!

2018.6.14号

さて、ライセンシングジャパン2018の会期が終わり、早いもので2ヵ月が経ちました。
様々な集計結果が出て参りましたので、皆様にご報告致します。

◆1.多くの出展社が多数の引き合いを獲得!

出展社アンケートによると、多くの出展社から

「ライセンシーや小売から、商品化など、新規で多数の引き合いがあった」
「メディア・広告とのタイアップができた」など、大きな成果をあげられたという声が届いています!

★出展各社の成果はこちら

◆2.会期中 557件のアポイントが成立! 「出展社と来場者とのマッチングサービス」

前回からスタートした「出展社と来場者とのマッチングサービス」は、アポイント件数が 557件 成立!

今まで出会えなかった新規のライセンシーや小売からの引き合いにつながるなど、多くの出展社が本サービスを利用し、大きな成果を上げられました。

◆3.次回(2019年4月)に向けて、有力企業が続々と出展決定

この状況を受け、次回(2019年4月)に向けて、ソニー・クリエイティブプロダクツ、セガホールディングス、電通、テレビ東京コミュニケーションズ、グリーンキャメル、白組、不二家、阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズ、バンダイナムコエンターテインメント、学研プラス、ポプラ社など、有力企業が既に続々と出展を決定!

次回ライセンシングジャパンは、さらに規模を拡大して盛大に開催します。

今後もライセンシングジャパン ニュースでは、様々な情報をお届けしてまいります。
この事により、少しでもライセンス業界の拡大・発展に貢献できれば幸いです。
次回もお楽しみに☆

当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。