◆CBLA古川理事長インタビュー

2018.9.13号

後援団体インタビュー
古川 愛一郎 氏
(一社)キャラクターブランド・ライセンス協会 理事長
(株)ソニー・クリエイティブプロダクツ 会長
古川 愛一郎 氏

キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)は、ライセンス市場の拡大・発展、そして国際化を目的に、2014年に発足しました。年々会員数が増加し、今では122社が加盟して下さっています。
人々に夢や感動、癒しを与えてくれる「キャラクター」の市場規模は、1990年代から徐々に拡大し、現在日本のライセンス市場は1兆4千億円と言われています(キャラクターデータバンク調べ)。近年では国内外でその市場の開拓が進んでおり「キャラクター」は日本が世界に誇る文化・産業へと昇華しました。

私も長くライセンスビジネスに携わっていますが、何をすればそのプロパティが市場に受け入れられるか、という確実な方法が無いのがこのビジネスの特徴です。言い換えれば、だからこそ、やり方次第でもっと色々なプロパティをヒットさせる事ができると思っています。その中で重要な事は、保有するプロパティの価値を中長期的に高めていく事だと思います。戦略はいろいろあると思いますが例えば、スタート段階では、どの業界(食品、文具、玩具、化粧品など)で展開するのがそのプロパティのイメージを定着させられるか。そういったプロパティに合ったイメージをしっかり考えておくことが重要だと思います。

イメージを描いたら次のポイントは、いかにしてそれに適したライセンシーとタイアップするかです。しかし、今まで取引した事もないライセンシーと出会える機会は意外と少なく、ライセンス業界に新規参入しても、なかなかライセンシーと出会えず、すぐに撤退してしまう企業もあります。


ライセンシーとのビジネスマッチングの場

そこで当協会が後援する、リード社主催の【ライセンシングジャパン】を活用するのも有効な手段の一つです。
ライセンサーとライセンシーとの商談の場である展示会は、業界発展に欠かせないとの観点から、2017年から当協会は【ライセンシングジャパン】に後援団体として協力しています。

【第9回 ライセンシングジャパン2019(会期:2019年4月3日~5日 @東京ビッグサイト)】は、世界中から250社1,500のプロパティが出展。あらゆる業種のメーカー・小売・メディアなど46,000名が来場する日本最大のライセンス商談展です。
会場では、出展社であるライセンサーと来場者であるライセンシーが、新規プロパティの取扱いや商品化の交渉、メディア・広告とのタイアップなど、様々な商談を繰り広げており、当社ももちろん出展しています。
さらに事務局からの案内では、前回から商談促進のための「マッチングサービス」を導入されたということで、商談成果が格段にあがったとの声も聞いており、私どもも大きな期待を寄せています。

ライセンシング ジャパン2018 ソニー・クリエイティブプロダクツ社 ブース

「ライセンシング ジャパン2018 ソニー・クリエイティブプロダクツ社 ブース」


ブランドも ぜひご出展を!

【ライセンシングジャパン】には、現在、多くのプロパティが出展していますが、特にブランド・ロゴを所有する皆様にも、今まで以上に積極的にご出展頂きたいと思っています。
というのも、ブランドのライセンスビジネスは年々拡大していて、ブランドライセンス市場の拡大が本業界のさらなる発展につながると思うからです。
ライセンスビジネスは世界中にその市場があり、特に欧米・アジアには世界で通じるブランドが多く存在します。そうした企業の進出ももちろん、日本発のブランドも世界中でもっとビジネス展開できるようにしたいですね。

ライセンス市場がますます発展するよう、当協会も全力で取り組んで参ります。
これからも今まで以上のご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

PDF版はこちら

当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。